« NPOが運営するオペラサロン | トップページ | 感動しました! »

2006年2月21日 (火)

非"非核国"なの?日本

日曜の午後、青山ウィメンズプラザで開催されたグリーンピースのシンポジウムに行ってみました。
テーマは「こんなものいらない!」ストップ再処理!

六ヶ所村の核燃料再処理工場のことです。
ちょっと行くのに「ドッコイショ!」と勇気がいるハードな話題だったのですが、
スピーカーにCafeglobeの青木さんが出るって言うので、ずいぶんと腰が軽くなりました。

この問題については、私はこれまで新聞にかいてあることを時々眼にする以上の知識もなく、
使用済み核燃料を日本で再処理できるようにするために仕方ないのか?安全上の問題は?・・・など、なんとなく疑問を抱いていた程度のこと。

今回実際に、放射科学研究の古川先生(名古屋大名誉教授)や環境エネルギー政策研究所の大林ミカさんなど専門家のご意見も伺え、「これは電気の恩恵を受けている者として知っておくべき、どうにかならないの~?」と感じました。

六ヶ所村の工場は世界で最も高価で最も大きな再処理工場としてまもなくアクティブ試験を開始しようとしています。
六ヶ所村の公式HP
http://www.rokkasho.jp/atomic/index.htm

理論上は、「核のリサイクル」と、良いことのようですが、
どうもそうとは言えないみたい。

技術とコストの問題
まずこの技術、欧米諸国では六ヶ所村の前提となっている高速増殖炉計画からは技術面・経済面の理由により既に断念撤退し、プルサーマル計画に移行しているそう。
この施設の本来の目的であるプルトニウムのリサイクル効果はたったの1.1倍から1.2倍。(日本は既にプルトニウムを43トンも余らせており、使う見込みは立っていないらしい。)
しかも厄介なことにこの再処理過程、大量の放射性廃棄物を放出し再処理後は元の容積より何十倍も増えるという。
そこにかかる費用は核燃料サイクル総額で43兆円。
電力会社にとっても高コストだという。
そのまま使用済み核燃料を直接処理したほうが安全で経済的なら、わざわざ使う見込みのないものの為になぜ再処理するのだろう??

国際的な問題
最近イランのウラン開発問題で国際的な議論になっている中、米国下院では米国原子力規制委員会(NRC)や核拡散防止条約(NPT)関連の議員団やフリードマンMIT教授(物理学ノーベル賞)らより日本に対し、六ヶ所村運転の無期限延長要請の公開書簡も出ている。
IAEAエルバラダイ事務局長は再処理締結案、「核兵器に使用可能な物質(分離プルトニウムと高濃縮ウラン)の処理、再処理に制限を与える時」
国連アナン事務総長も同意見。
国際社会からの「懸念」が相次いでいる。

世界には、「核兵器の不拡散に関する条約(NPT)」の下、なぜか“公式の核兵器国”というのがあるけれど、これでは日本は世界から“非公式な核兵器国”と呼ばれてもおかしくない。更に近隣からの余計な緊張を強めることになってもしかたないかも~~。

地元では・・・
地元では既に原子力関連の雇用も生まれているけれども、この稼動によって第一次産業(青森県農産物売り上げ3千億円)が被る経済的ダメージは逆に大きいと考えられます。
また放射能汚染を恐れて、既に若い世代が出て行く傾向もあるそうです。「子ども達を育てる環境ではない」と・・・
多額の交付金をもらっても、次世代が安心して住めない、万が一の事態になれば、放射能の半減期は2万4千年!

どうにも取り返しがつかないということに・・・ ?
(注:下記ブログとGPサイトで示すフランス調査機関の放射能放出拡散のシュミレーションは結構怖い。

SENZA FINE:原子力ミニコラム「風評被害の補償金」

三すくみ
では、いったい誰に得があるのでしょうか?
どうやら、六ヶ所村の計画は、日本がお得意とする「もう後戻りできないから・・・」というどうしようもない状況の下「止められない」でいるに過ぎないようなのです。
ぶら下がりの構造とか、そういうことでしょう。
そうでないとしたら、その先にもっと別の意図がかくされているのでしょうか??


沖縄基地にしても、この村にしても、人の少ない自然の豊富なところに問題を追いやっている現状。
これで、私達の暮らしに本当に「恩恵」といえるものがあるなら、他に方法がないというなら、まだしもなのですが・・・

動き出したら止まらない「怪物?」のために、自然エネルギー開発もままならないなーんてことにはならないですよね?

できることなら今からでも、その村にとっても日本にとっても
より有益な雇用を生み出すような産業に転換できないのでしょうか?

以上、付け焼刃の知識ですので、間違っていることもあるかと思いますが、この問題、皆さんは、どうお考えですか?

詳細はここで↓
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/nuclear/stoprecycle/notes_html


六ヶ所村について、より知ってみたい方は、
3月3日(金)4日(土)四谷区民ホールで
初公開上映会が開催される
映画「六ヶ所村ラプソディー」鎌仲ひとみ監督作品
もお薦めのようです。
http://ameblo.jp/rokkasho/theme-10001307706.html

昨年末よりグリーンピースの事務局長に就任した作家の星川淳さん
http://www.greenpeace.or.jp/info/staff/

小さな国の大いなる知恵 Book 小さな国の大いなる知恵

著者:ポーラ アンダーウッド,星川 淳
販売元:翔泳社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Banner_04_23

もっとシンプルで安全がいいな!

|

« NPOが運営するオペラサロン | トップページ | 感動しました! »

コメント

トラックバックありがとうございました。
なんとかならないもんですかね。

投稿: masa | 2006年2月22日 (水) 18時41分

masaさん
なんとかしてほしいですよね。
なんたって今後何世代にもわたって影響を及ぼしかねないこと、そうそう簡単に決めないでほしいです。

青木さんのブログもアップされました。
http://blog.cafeglobe.com/archives/fromeditor/2006/02/post_19.html

投稿: Vickie | 2006年2月23日 (木) 15時55分

日本には石油が無いから原子力へと電力会社のPRが流れるテレビ。我が町に原子力発電所がやって来たら猛反対ですよね。だから田舎に建設されている現状。安全と思っていないのですよね、国民の多くは。漁業補償をする事自体が危険を意味しているとも取れますよね。
原子力発電所の周辺に常時放射線測定点は有るのでしょうかね。さらに思うのは、放射線に弱い小動物の飼育を義務付けされているのでしょうか。
気になりましたのでコメントさせていただきました。

投稿: 桜もち | 2006年2月26日 (日) 16時15分

桜もちさん
コメントありがとうございます。

漁業補償することで、もし漁師の皆さんが口をつぐみ。
良心やプライドまで閉ざしてしまうことがあったら・・・
練り製品に奇形の魚が混ぜられているという"噂"を耳にしました。信じたくないなーと思いつつ、「本当に安心して食べられるのか?」とても気になります。

投稿: Vickie | 2006年2月27日 (月) 00時50分

vickieさん、MLでお世話になってます亜紀です。
私も青森知事に意見を送りました。
こんなおかしなことが実行されてしまうなんて、
やりきれないですよね。良くないし、経済的にも損な事を分かっているのに、やめられない日本、やっぱり市民が賢くなって意見をたくさん送るしかないですね。アスベストの二の舞にならないようにしないと。

投稿: aki | 2006年3月21日 (火) 21時17分

akiさん
こんばんは!
私達日本人って、個人個人が思ったことを自由に発言できるんですよね。今更ながらこれは素晴らしい事だと感じます。たくさんの個人の前向きな意見が生かされる世の中であって欲しいですね!

投稿: Vickie | 2006年3月21日 (火) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15294/790011

この記事へのトラックバック一覧です: 非"非核国"なの?日本:

» 3/3-4 六ヶ所村ラプソディー 初公開上映会  [kayophoto info]
六ヶ所村ラプソディー 【初公開上映会 開催のお知らせ】 『六ヶ所村ラプソディー』~オフィシャルブログ より転載いたしました。 http://ameblo.jp/rokkasho/ 会場:四谷区民ホール(TEL:03-3354-6173) 住所:新宿区内藤町87番地 四谷区民センター9F (地下鉄丸の内線「新宿御苑前駅」より徒歩5分) 3月3日(金) 1回目 開場14:00/上映14:30 上映後 監督トーク         2回目 開場18:00/上映19:00 上映前 監督トー... [続きを読む]

受信: 2006年2月22日 (水) 09時59分

» 核再処理工場 [あとだしなしよ]
今年の正月(1/7)にNHKで見た、核再処理工場に関する六ヶ所村の選挙ドキュメントの感想です。この施設は今年の春に稼動しそうな感じです。 核再処理工場立地の選挙のドキュメント。 反対派が賛成派の穏健派に丸め込まれて、当選後に結局裏切られる。最後は核問題がどこかへ行ってしまい、反対派の人が、裏切った人への憎悪で最初の推進派の人間の側に回ってしまったそうだ。結局再処理工場は推進され、現在の村は交付金で儲かっているら�... [続きを読む]

受信: 2006年2月22日 (水) 18時26分

» それでいいのか?六ヶ所再処理工場 [チームイワナのブログ作っちゃいました]
まずはこちらをご覧ください。 原子力ミニコラム 第61回 「六ヶ所再処理工場のことを国民はよくわかっていない。海にプルトニウムを排出するということを、いったいどれだけの人が知っているか?・・・」 SENZA FINE <センツァ・フィーネ> 終りなき世界 より 次にこちら..... [続きを読む]

受信: 2006年2月24日 (金) 18時52分

» 試運転で早くも事故─放射性物質入った水漏れる [Gensuikin]
アクティブ試験中の使用済み核燃料再処理工場で11日、放射性物質を含む洗浄水約40リットルを漏えいする事故があった。洗浄水にはおよそプルトニウム1グラム、ウラン260グラムなどの放射性物質が含まれる。 「トラブル」発生は11日未明、これを「放射性液体の軽度な漏えい」として翌12日の午後まで発表しなかった日本原燃の態度は再処理工場を受け入れた地域住民の信頼を裏切る重大問題である。...... [続きを読む]

受信: 2006年4月13日 (木) 15時32分

» milf seeker.com []
milf hunter ruby trixie milfhunter [続きを読む]

受信: 2006年11月 3日 (金) 02時08分

» interracial slut fuck []
ebony interracial interracial dating online bbw interracial [続きを読む]

受信: 2006年11月 3日 (金) 02時09分

» nba violence []
teens gangs violence young teen rape free rape sites [続きを読む]

受信: 2006年11月 3日 (金) 02時10分

» latina thumbnails []
latina bj latinas sex hot latin babes [続きを読む]

受信: 2006年11月 3日 (金) 02時10分

« NPOが運営するオペラサロン | トップページ | 感動しました! »