« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

U2ライブ延期で・・・

Vertigo//2005: Live From Chicago ものす~ごく楽しみにしていたU2"Vertigo '06"ツアー(4月4日@日産スタジアム)が延期になり、その後の公演予定や払い戻し情報はなし。
どうなるのやら・・・

ロイター 3/9 「U2,家族の病気を理由にツアー延期」

一年にも渡るツアーの最後を飾るオーストラリア~日本~アジアツアーが延期というのだから、タダごとではない!と思ったら、何でも、ギターのエッジの娘さんが大病らしい。
ともかく、病気の回復をお祈りします・・・

オーストラリアのTV取材に答えたボノの雰囲気からは、11月頃になるのでは?と噂されている。
http://www.u2.com/news/index.php?mode=full&news_id=1918

■ vertigo tour 2005 photos http://www.u2photos.com/vertigo.html

さて、私が楽しみにしていたのは、ライブ自体もさることながら
ボノが来日すれば、彼がボビー・シュライバー(母はJFKの妹でスペシャルオリンピクスの創始者、本人はDATAを立ち上げ)と企画したプロダクト"RED"に関して日本にも何らかのアナウンスがあるのではないか?ということだった。

ダボスでボノが新ブランド「RED」発表 http://vickie.cocolog-nifty.com/blog/2006/01/post_db4b.html

CBSニュース:VTR Bono at a news conference Thursday in Davos, Switzerland. http://www.cbsnews.com/stories/2006/01/26/earlyshow/main1241892.shtml

既に、3月からUKではGAPをはじめ店舗展開を開始しているらしいREDブランドだが、
現地での様子はどんなものなのだろう?
(どなたか知らないですか??)

GAPのTシャツも良いが、個人的にはAMEXのカードがカワイイと思う。売り上げの1%がGlobalFundに送られるしくみ。

コンバースはアフリカの素材を使っているらしく、かなりオサレ。

日本ではアルマーニのサングラスくらいから手に入るようになるのでは?
この後、VODAfoneとか、STARBUCKS、それにAPPLEとかも加わってきたら面白いと思う。 日本でも是非展開させて欲しい!!

REDに関する詳細情報の記載されたエイズ&ソサエティ研究会議のサイトhttp://asajp.at.webry.info/200601/article_12.html

おまけ

***Bono語録***

~ロックというのは反逆の音楽です。けれど、何に反抗するのでしょうか?」「正直に言えば、僕は自分自身の無関心さに反抗しているのです。世の中こんなもんだ、俺にできることなんてあるわけない、そういった考えに反抗しているのです。だから、できることをしようとしているのです~            BONO:ハーバード講義2001より

VTRhttp://www.berklee.edu/news/2001/06/bono.html

Banner_04_23

Thank you!

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年3月24日 (金)

ルールの見直しを!

5766_5

NewsWeek 日本版、今週はなぜか一日遅れて昨日発売。
特集は「ホワイトバンドはアフリカを救ったか」  

―善意の「輪」の甘すぎた理想とほっとけない現実―

重箱の隅つつくような後ろ向きな批判はともかく
これはあくまでも日本における「アドボカシー」第一弾。

本当に取り組むべきは、まさにココからです。

積み残しの「貿易問題」も含めて
問題は、南北の不公正をどう是正するか?

援助にならない“援助”ではなく・・・

ついこの間まで、WBCでの審判のあり方に疑問を感じた私を含めた多くの日本人が、同様の「おかしなルール」や審判、ダブルスタンダードが「貿易」という世界ゲームでまかり通っている事実を無視できるというのは不思議だ。

誰だって、デービットソンみたいな審判のもとで勝ちっぱなしで平気でいられるだろうか?
少なくとも、フェアプレーを重んじる私達はそんな厚顔無恥ではいられない。

それとも、「それはそれ、これはこれ」
野球と言うスポーツの世界と経済を同列に語るのなんて
ナンセンスでしょうか?

WTO、IMF、そして世界銀行―世界経済の安定と、発展途上国の援助を使命とするこれら国際経済機関が介入した地域に何が起こったか?東アジア、ロシア、東欧、アルゼンチン、そしてアフリカ諸国は、すべてさらなる経済的困窮へとおちいってしまったのだ。一体それはなぜか?そうした機関が押しつけた貿易の自由化や民営化で、利益を得たのは誰だったのか?2001年ノーベル賞経済学者が、大国のダブル・スタンダードに左右されたグローバリズムの怖さを訴える衝撃の書。

Banner_04_23

Thank you!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月21日 (火)

ドキドキ、世界一への道!

今までMixiでひとり実況中継(?)していました。

途中見ず知らずの大阪のおにいさんも応援仲間に加わり、

盛り上がってきました。SNSはこういうこともできて面白いですね。

9回の裏、あと3つ、気を抜かないで頑張りましょう!応援。

キューバも粘ります。

ベンチから足出しちゃ駄目って、今選手達が審判に注意されました。(^^;)

(審判、そんなことよりゲームをしっかり見てくださいよ!もー)

落ち着いて、しっかり押さえましょう!

あと 1 OUT !

~~~~~~~~~~~

やりましたーー!!

うわぁ~、世界一ですよ、しかも初代世界一!

すご~~い♪バンザーイ

~~~~~~~~~~~

感動をありがとう 王JAPAN!!
野球ってこんなに面白いものだったのですね。

おめでとうございます。 王監督!

笑顔の選手が監督を胴上げ。

王監督の胴上げはいつものようにキッチリ真っ直ぐ。

でも、これまでのいくつかとは確実に違う心地良さでしょうね。

なんたって、世界一の監督なのですから・・・

イチロー選手をはじめ、選手全員がまるで子どものようにはしゃいでいる。

これまでのクールなイメージから一転、今大会当初から誰よりも早く練習に出るなど、漲る闘志でチームを引っ張ってきたイチロー選手。その思いが今、選手ばかりかファンまでも巻き込み、皆が一丸となって勝利の感動を分かち合っている。

ありがとう!Super Hero!

松坂選手もMVP、いい顔しています。

この前、イチロー選手のインタビュー番組で

「おまえ、どっか深~いところで、舐めてない?」って

イチロー選手から鋭い指摘を受けていた松坂選手。

あんなことをイチロー選手から言われて、燃えないわけが無い。

あの一言は、彼にとって今回モノ凄い財産になったのではないでしょうか?

厳しい、けれど諦めない。スポーツの醍醐味を味わわせてもらいました。

Banner_04_23

シャンパン浴びたい!

★限定品★ミズノ バットキーホルダー(バット・ボール)

| | コメント (3) | トラックバック (37)

2006年3月19日 (日)

WBC決勝進出!

いや~~、良かったです!

素晴らしい試合を見せていただきました。

WBC準決勝、日韓戦。

7回表、代打福留の2ランホームランで起死回生。打者一巡の猛攻撃で、5-0。

8回には、多村が(今度は)駄目押しのソロ・ホームラン。

上原は本当に良く粘りました。

胸のすく大勝利です。

いろいろあったWBC、チームの真剣な思いが、ここへきて天に通じましたね♪

どんなことにも挫けずに頑張れば、天が味方する。

応援した大人も子どもも、これで明日からまた頑張れるというものです。

ありがとう。王JAPAN!

本当に見事な勝利でした。

「自分の野球史に残る一勝」と王監督。

ひとりひとりと抱き合うイチロー選手の笑顔が、嬉しい!!

さあ、次は世界一、王監督の胴上げです!

Banner_04_23

おめでとう!

| | コメント (4) | トラックバック (10)

2006年3月18日 (土)

JET SET御用達アロマ

いやいや、今日はすごい風でした。

桶屋が儲かったかどうだか・・・(笑)

花粉症関連商品は売れたのではないでしょうか?

強風で、電車はノロノロ。この前事故もあったから用心でしたね。

遠出して時間掛かったので、今日はクタクタです。

こんな時は、アロマのお風呂にゆっくりと浸かりましょう♪

最近見つけたお気に入りオイルの出番です。

Dsc01644_2

>>

イングランドサッカー代表の御用達でもあるらしい

"AROMA THERAPEUTICS"の"RELAXER"はラベンダーやベルガモットのブレンド。

「クイックフィックス」セットはスプレータイプで、4種類のアロマがセットになっていました。

うちのダンナはこの名前が気に入ったらしい。

"ENARGISER"

"SLEEP ENHANCER"

"RECHARGER"

"RELAXER"

名前見ただけで、効いた気になっている。(笑)

ジェットラグ対策用のJETSETは眠りを誘うアロマや気分をシャッキリさせ集中力を高めるアロマなどがセットになっている。

日本語のホームページはここ。http://www.aromatherapeutics.jp/

風が吹いたら桶屋がもうかる Book 風が吹いたら桶屋がもうかる

著者:井上 夢人
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Banner_04_23

ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

WBC、イチロー頑張れ!

朝から、盛り上がりました。久々のブログです。

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)

忙しい朝にもかかわらず、TVから目が離せなかった。

問題の西岡のタッチアップ。アメリカ側のアピールにより塁審が覆され、あろうことか球審がアウトをとった。

王監督が抗議するもかなわず。

ゲームのあとで、インタビューの様子が映し出された。

「野球スタートの国で、あってはないらないこと」と王監督。

何度も流される映像は、明らかにセーフであることを証明している。

事実よりも審判の権限は絶対。

間違っていようが何だろうが、大統領!と言うのと同じことなのか?

う~~ん、こういうのってなかなか理解しがたい大きな壁です。

メディアは少なくともちゃんと言いましょうよ!

この東京新聞は問題にしているけど、あまり触れていないメディアもある。長いものには巻かれろですか?http://www.tokyo-np.co.jp/00/spo/20060313/eve_____spo_____000.shtml

8回以外にもすっきりとしない審判が目立った今日の試合

アメリカに入って調子が出てきたイチロー選手がホームランで気合を入れてくれたのが何よりだった。

インタビューで「君が代にあらためて重みを感じた」と語り、日本の代表としての使命感に燃える姿は最高にカッコ良かった。

さて、このイチロー選手のバットは、ミズノの久保田五十一さんという匠の手によって作られる。(イチロー選手ほか、松井秀喜、高田、篠塚、谷沢、高木選手)

国産の「青だも」という木で作るのだが、なぜか最近の木には元気の無いものが多いという。

バットを作っている過程で心ならずも不適格となった木は、これまで処分されていた。出来上がっていれば、ひょっとしてイチローのヒットを生んだバットになっていたかもしれない木だ。

これは、もったいない・・・ということで、オークビレッジという会社が、こうしたバット材を使って野球少年の喜びそうなキーホルダーなどに作り変えて販売している。

Dsc01639_1

青だもで作ったグッズ。

この売り上げで『どんぐりの会』というNPOの植林活動を支援している。

安価な外国産の木に押され、国産の木が余っている。手が入れられない循環しないままでは、日本の森は弱ってしまう。

イチロー選手を応援する子どもたちがどんぐりを育て、森と一緒に育つ。

「木と共にある暮らしこそが人類を、地球を救う」という代表の稲本正さんはトヨタ白川郷自然学校の校長も務める森の達人だ。

こういう話、私は大好き。

「きっとイチロー選手も気に入ってくれるに違いない」と考え、ある人を介してご本人に伝えてもらったところ、とても喜んでくれたと言うことだった。

イチロー選手ようなしなやかで清清しい、根っこの強い木が、日本の森に育つことを祈り

イチロー選手と日本の木を応援します!

森と生きる 共生進化で持続可能な木の文明 Book 森と生きる 共生進化で持続可能な木の文明

著者:稲本 正
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

★人間が単に呼吸するだけなら、その分のCO2を吸収するには一人当たり15本の木があれば良いそうです。 それに対し、日本人の標準的な暮らしで排出されるCO2を吸収するには、376本/1人。アメリカ人の暮らしに至っては792本必要だそうです。

Banner_04_23

ありがとうございます!

★限定品★ミズノ セカンドバック用野球熟語プレート

★限定品★ミズノ セカンドバック用野球熟語プレート

★限定品★ミズノ バットキーホルダー(バット・ボール)

| | コメント (1) | トラックバック (14)

2006年3月 5日 (日)

原子心母

ヒバクシャ 世界の終わりに』から2年、鎌仲ひとみ監督による『六ヶ所村ラプソディ』が公開された。

10004846282_s 前日にフィルムが上がってきた文字通りの出来立てホヤホヤだそうだ。

作られた映像に慣れてしまっている私たちに、鎌仲作品は生身の人の暮らしをそのまま切り取って見せてくれる。

役者でもなんでもない漁村のおじさんや、農家のおばさん。歌舞伎でもないかぎりありえないような長い間と淡々とした描写。

でもこの映画には、作り物では表せない人々の顔、可愛さや逞しさ、儚さ、怖さがあるように思える。前作でもそうだったように、メッセージを押し付けもしない、気負いも無い、そして多分、女性だからこそ引き出せる、被写体の素顔と無防備な言葉なのかもしれない。

ひとつひとつの苗に「がんばってー、がんばってー」と語りかけながら田植えをする無農薬栽培農家のおばちゃんや、幼稚園の子ども達に真っ赤に熟した自慢のトマトを配る有機栽培農家の青年。

「わたしら一般人では、どうにもならね・・・仕方ないよ」と呟く漁師の奥さん。

再処理工場の稼動に向け、熱心に事業拡大に励む地元関連企業の人々。

「結局は、金がものをいう~~、2倍で駄目なら3倍出す、だめなら5倍・・・」と平然とのたまう東大の先生。

暮らしの根っこに核がある人々は、この国家プロジェクトに影響力を発揮できない。

保証金をもらっても放射能廃棄物が止まるわけではない。

その影響を受けるかもしれない世代には、誰がどう責任を持つのだろう?

イギリス・セラフィールド近海の漁師が話していた、頭が二つあるエビや奇形の魚とセラフィールド再処理工場との関連性はわからない。

しかし、「本当に安全なら、なぜ排管を3kmも沖まで持っていくんだ?」という、六ヶ所村の漁師の疑問への答えも無い。

反対運動をしている女性の育てるチューリップが、サイケデリックなほどに色鮮かなのが印象的だった。

この国の未来は原子力に頼るしか、本当に道は無いのでしょうか?

非・"非核国"なの日本? 2/21

・「六ヶ所村ラプソディ」~オフィシャルブログ http://ameblo.jp/rokkasho

・内閣府 原子力委員会HPhttp://aec.jst.go.jp/

・電器事業連合会 「日本の原子力」に、ご意見をお寄せくださいページ http://www.fepc-atomic.jp/goiken/index.html

・坂本龍一さんブログ 六ヶ所再処理工場を止める為に、あなたができる身近な行動http://blog.sitesakamoto.com/index.php?itemid=168

・岩手日報「廃液、影響は・・・」 http://www.iwate-np.co.jp/news/y2006/m03/d01/NippoNews_9.html

~~~~

ピンクフロイドの原子心母を聴く。

原子心母 Music 原子心母

アーティスト:ピンク・フロイド
販売元:東芝EMI
発売日:2000/08/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Banner_04_23

ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (8)

2006年3月 1日 (水)

カワセミ病にご用心

フランス産のフォアグラにも影響が及んでいる鳥インフルエンザは困りますが、

こんな病気なら、私もかかってみたい・・・

Kingfisher1_1 「カワセミ病」

最高に可愛い野鳥の写真を日々伝えてくださる『頑固親父の探鳥記』 のブラックコーヒーさん曰く

“もし、カワセミの生の姿にまだ接していないのでしたら、幸せかもしれません。「カワセミ病」というのがあります。そのわけは・・・”

BIRDER誌2月号「鳥好き」から「鳥バカ」へ、と題した文からの引用です。

カワセミを見てしまったあの日から世界は変わりました。「カワセミ前」と「カワセミ後」では今までとは確実に違う自分です。スズメほどの大きさしかない青い鳥に、自分をここまで変えられちゃうなんて。あの日、あの時カワセミに出会わなかったら、今頃は間違いなく別の人生を歩んでいた・・・
 その容姿と色をもってして、首をひょこひょこと上下させる。くいっと上を向く。短い足でアタマをカキカキするなどなど、凶悪なほどカワイイ仕草・・・・

幸か不幸か、私はまだカワセミに遭遇したことがないのですが、ロンドンの公園でコマドリに出会った時のあの嬉しさは、思い出すだけでもジーンとします。

美しい声の主は、ロビンちゃん!」http://i-debut.org/journal/j_disp.asp?code=686

どうやらロビンの魔力にやられてしまったようです。

ロビン病・・・??

『頑固親父の探鳥記』は、小鳥好きでなくても必見のサイトです! http://yasou.cocolog-nifty.com/blog/

写真でも十分に、小鳥たちの魔力にとりつかれそう。

しかし寂しいことに、この冬は例年になく各地で見られる渡り鳥が少ないそうです。

温暖化の影響でしょうか?

そんな小鳥達の小さな警告を、私達はどれだけ真剣に受け止められるでしょう。

2066

野山の鳥観察ガイド Book 野山の鳥観察ガイド

著者:市田 則孝,藤田 和生,久保田 修
販売元:ネイチャーネットワーク
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Banner_04_23

Click me !

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »