2006年4月 7日 (金)

代官山 枝垂桜

060405_191101_1 ヒルサイドテラスの夜桜です。
あんまり綺麗なので、思わず携帯のカメラで撮りましたが
是非実物を見ていただきたいです。

                                                                       ヒルサイドテラスは旧山手通り沿いの両側に点在する建物群でオープンは1969年。センスのいいブティックやカフェ・レストランなどテナントがさりげなく配置されたオープンなパブリックスペースが品格ある大人の街並みを創り出している。

この土地を代々守り続けてきた地主の朝倉さんに先日の雨の中、建物群をご案内いただいた。

道から奥まったところに位置する古いご自宅旧朝倉邸は国の重要文化財。道に沿ったモダンな建築物は日本を代表する建築家槙文彦氏の作品群だ。
朝倉家という地主さんと槙文彦さんの出会いをきっかけに、ヒルサイドテラスは悠に30年の時間を費やしてゆっくりとスローな開発を続けてきたのだそうだ。

ギャラリーや展示会用レンタルスペースとして提供されている、都心では贅沢な広々とした空間を拝見しながら、並木道を隔てて見える地所の奥行きや鎮守の森『猿楽塚』、建物を通して奥の敷地のたっぷりとした緑を眺めることができるビューポイントなど、この「家」であり「村」の主ならではの譲れないこだわりも、そこここに感じさせていただいた。

060405_191201               オープンから37年、新しく加わった建物と調和し、全体に少しも古さを感じさせられない。

私の学生時代にも憧れの街だった代官山・・・
当時同じくファッショナブルな憧れの街だった表参道~原宿。先日久しぶりに原宿に足を運んでガッカリした。東郷神社付近のオープンカフェや雰囲気のあった店が軒並み姿を消し、ゲームセンターや何やらの看板がデカデカと貼られた惨めな風景に変わり果てていた。

対して、代官山は今も変わらない上品な大人の街だ。
それは建物や風景といった外観だけではなく、街の内面、「文化」のあらわれなのだということに気付かされた。

スローなまちづくりは、モダンな建築設計などハードの部分から、豊かな緑・文化的遺産の保護、さらにそこに息づくソフトとしての新たな文化をも創り出している。
ヒルサイドテラスにオフィスを構えるアート・ディレクターの北川フラム氏と共に様々なプロジェクトを展開し98年度メセナ大賞を受賞。
その北川さんは、現在代官山から、地方の里山にまで文化を発信。新潟県十日町市で壮大なプロジェクト『大地の芸術祭、越後妻有アートトリエンナーレ』の準備に余念がないご様子だった。
雪国の里山の能舞台、点在する廃校や空き家を利用して国内外のアーティストや地元の人たちが参加して展開されるユニークなプロジェクトのお話を伺い、開催がとても楽しみ・・・

ヒルサイドテラスの地下には、ホームコンサート形式で音楽イベントが開催できるスペースもあり、ピアノはベーゼンドルファが置かれている。

都会の中にゆっくりと文化を育む村。
一貫したオーナー経営でしか実現できない、気の長いプロジェクトなのかもしれない。

代官山の大人は、優雅にして、地に足のついた、本当の豊かさを知る人たちなのですね。


私をここに案内してくださった、丹野翁に感謝。
丹野さんのお話は、面白すぎて書ききれないので、また今度。

Banner_04_23

Thank you!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

カンボジアの5つ星ホテル

Siepaia_1 カンボジア、アンコールワットに近いSiem Reapに去年の夏オープンしたSiepaic

Hôtel de la Paix

Siem Reap

http://www.hoteldelapaixangkor.com/

友人がスタッフとして赴任したというので、HPを覗いてみて

びっくりした!

こんなモダンなデザインのラグジュアリー・ホテルが

カンボジアに!?

アンコール・ワットは一度訪れてみたいと思っていたのだが

この素晴らしいホテルに泊まれたら、それは素敵ですよ。

1975-1979、ポルポト政権によって国民の21%の約170万人が虐殺されるという痛ましい過去を持つこの地に

一見不釣合いとも取れる5つ星ホテル

その名は、奇しくも 「平和」。

HPを良く見ると、このホテル、

現地NGOなどへの直接的な支援を宿泊客にさりげなく伝えている。

かけがえの無い文化遺産の保存と継承、そして

辛い歴史を乗り越え復興する人々の日々の暮らし

ここを訪れる世界の富裕層の内、何割の人がそのメッセージに気付いてくれるだろう。

それにしても、

ルワンダにしても、カンボジアにしても、ついこの間のことなのですよね。

昨日、DVD発売になったばかりの「ヒトラー~最後の12日間」を見た。

日本フォスター・プラン協会

世界遺産 カンボジア編 DVD 世界遺産 カンボジア編

販売元:アニプレックス
発売日:2002/11/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ヒトラー ~最期の12日間~ スペシャル・エディション DVD ヒトラー ~最期の12日間~ スペシャル・エディション

販売元:日活
発売日:2006/01/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Banner_04_13 平和が一番!Click me

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年1月 9日 (月)

カラクリ獅子~神社って犬連れOK?

060108_134101_1 神田明神に行きました。060108_135801_1

神楽初めを行っていた神田明神

からくり仕掛けのお獅子が

おみくじを引いてくれます。1回200円

年明け早々の連休、おみくじ好きのダンナと行く場所と言ったら

神社・仏閣ばかり・・・

近所なら、Vickieも一緒に行けるのですが、

そもそも神社って、ペットを連れて行ってよいのでしょうか?

戌年の今年、ダッコされてお供をするペットもよく見かけましたが

神社などによっては、「ペット立ち入り禁止」のような看板があったりもする。

宗教によって動物のあつかいは様々。

イスラム教では、犬は汚れた生き物。

触っただけで、5回も手を洗わなければならない程忌み嫌われている。

キリスト教でも、確か動物は魂を持たないとされ、天国へは行けないはず。

仏教は、その点、かなり動物に優しく、特に大乗仏教は全ての生き物が成仏するから不殺生を説いている。

では、神道では?

やはり八百万の神なのだから動物を含む全ての自然物、自然現象に神性が宿るということですよね。

神社にいる狛犬さんは、もともとは獅子のことだったようで、

神の使い。

ずいぶん前にFTで「もののけ姫」の記事が大きく掲載されていた。

地球環境や自然のことを考えると、アニミズム・シャーマニズムといった原始宗教の方が

原理主義的な一神教より進んでいると言えるのでは・・・

ともあれ、我が家ではVickie様が何より大事(笑)

Banner_04_17

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

ジャマイカと企業の関係

昨日に引き続き、映画の話です。

現在上映中の『ザ・コーポレーション』

DVD/ビデオレンタル中の『ジャマイカ 楽園の真実』

どちらもUPLINKの配給映画。

「ザ・コーポレーション』はブロガー割引あり。

チョムスキーやマイケル・ムーア、今は亡きP・ドラッガー

バンダナ・シヴァ・・・知識人や著名人から活動家まで

総勢40名の豪華キャストのコメントでつづる

ドキュメンタリー作品。

資本主義社会の闇を徹底的に分析する。

企業を一人の人格として精神分析すると=サイコパス

厳しい~!痛い!・・・が、これが現実だろう。

登場人物の中、インターフェイスという会社のCEO

(ちょっと環境カルトの教祖という感じだった(笑)) が

唯一、「人が更生するなら、企業だって・・・」という希望を

感じさせてくれた。

個人の集合体であるはずの企業、そして国家

ここに良心や倫理を当てはめることはできないものか?

CSR=Corporate Social Responsibility

Citizen Social Responsibility, or Consumer Social Responsibility

この映画を見た帰りに、スーパーに寄った。

多種多様な商品、棚の前で思わずタメ息。

企業のCSR、公正な貿易、国際政治に

消費者・一般市民はどこまでコミットできるのか…?

『ジャマイカ 楽園の真実』とあわせて見たら

更に具体的な事象について考える事ができた。

ジャマイカというひとつの島だけで、これだけの事例を並べら

れるとは、もう“驚嘆”というしかない。

美しいリゾート地を訪れる旅行者を見る現地の視線。

ボブ・マーレイのレゲイが優しい「うらみ節」に聴こえる。

暴動は軍隊に抑え込まれる。

もし、これがジャマイカでなけれは、鬱積した不満は

どこへ行くのだろう?

ザ・コーポレーション Book ザ・コーポレーション

著者:ジョエル・ベイカン
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ジャマイカ楽園の真実 LIFE&DEBT DVDジャマイカ楽園の真実 LIFE&DEBT

販売元:ビデオメーカー
発売日:2005/12/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Banner_04_18

Click me !

| | コメント (4) | トラックバック (3)