2006年5月 7日 (日)

グッドナイト&グットラック

「グッドナイト&グットラック」を六本木ヒルズに見に行きました。
六本木ヒルズに行ったのは、これが2度目。
前回も映画を見に行っただけなので、他に何があるのか、いまだによくわかりません。
コカコーラの宣伝がすごく多いところだな、と思いました。
この日は女優の米倉涼子さんも映画を見に来ていました。

「グッドナイト&グットラック」は、大人向けの渋い映画で、
全編モノクロの映像とジャズボーカルがCool!

ネタバレになるので、あまり言えないのですが、
映画見て最も考えさせられたのは、「映画やTVの持つ影響力」について・・・

私の周りには、「映画は単なる娯楽に過ぎない」
「ただ、娯楽として楽しむのみで、そこからなんら期待するものはない」という人もいます。

果たして、見るものに何かの影響を与えようというのは、作り手側の驕りなのでしょうか?

私自身は、これまで映画やTV(特に報道特集やドキュメンタリー)それから書籍や音楽から、かなり影響を受けて来ている方だと思います。

良くも悪くも、映画はパワーを持っていると思います。
それが、プロパガンダであるのか、真実を語っているのか?見極める力は必要だと思いますが、
私は、そういうパワーを持つ作品が好きです。
見終わって、「時間の浪費だった」と感じる作品は嫌いです。

ただパワーのある作品を見終わった後でも、よく思うことが「真実」は決してひとつではないということです。
ひとつの事象も、見るもの伝えるものによって様々に変化します。(バイアスが掛かるとかいろいろ・・・)
たとえば、そのどれか、或いはどちらかの側を「真実」として飲み込んでしまえば、とても楽なのかもしれません。
どれに対しても、何に対しても疑問を差し挟んだり、その疑問を払拭するために、より多くの情報を得ようとすることは
とても面倒なこと。
でも、そうした過程の中で、ようやく自分にとってシックリ来る、あるいは本当に「そうだ」と思えることが出てくるということはあると思います。

「グッドナイト・・・」は、作品中に登場人物の発言にそういう迷いがあったことがとても面白かったです。
「自分達のしていることは、本当に正しいことなのか?」というようなセリフ。

こんなことを感じる私は、永遠に「ピンク」なのかな? (追記:親派のことをPinkoといったようですね。http://en.wikipedia.org/wiki/Pinko 私の場合は、バランサーですかね。)

ただ、これだけは言えます。
この映画は、映画がそういうパワーを持とうという気概で作られたものであること。
そして、エド・マロー役のデビット・ストラザーンとジョージ・クルーニーはマジ、カッコいい!!!!ということ。

http://www.goodnight-movie.jp/

ちなみに、J.クルーニーはこの収益の25%をMake Poverty History(ホワイトバンド)に寄付するそう。

元ジャーナリストの父親と親子でチャドとスーダンを視察。
http://www.alertnet.org/thenews/fromthefield/220270/114607563459.htm

ワシントンでスピーチもこなしている。
http://movie.goo.ne.jp/contents/news/NFJ060427193806zu5ipzt0/

~~~~~

MixiのChoco-Revo !(チョコレート革命)コミュニティに120名を超える皆さんが参加してくださっています。Mixiご利用の方は、是非ご参加下さい♪ http://mixi.jp/view_community.pl?id=789003

Choco-Revo !ブログもよろしくお願いします。

Banner_04_23

Thank you!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年3月 5日 (日)

原子心母

ヒバクシャ 世界の終わりに』から2年、鎌仲ひとみ監督による『六ヶ所村ラプソディ』が公開された。

10004846282_s 前日にフィルムが上がってきた文字通りの出来立てホヤホヤだそうだ。

作られた映像に慣れてしまっている私たちに、鎌仲作品は生身の人の暮らしをそのまま切り取って見せてくれる。

役者でもなんでもない漁村のおじさんや、農家のおばさん。歌舞伎でもないかぎりありえないような長い間と淡々とした描写。

でもこの映画には、作り物では表せない人々の顔、可愛さや逞しさ、儚さ、怖さがあるように思える。前作でもそうだったように、メッセージを押し付けもしない、気負いも無い、そして多分、女性だからこそ引き出せる、被写体の素顔と無防備な言葉なのかもしれない。

ひとつひとつの苗に「がんばってー、がんばってー」と語りかけながら田植えをする無農薬栽培農家のおばちゃんや、幼稚園の子ども達に真っ赤に熟した自慢のトマトを配る有機栽培農家の青年。

「わたしら一般人では、どうにもならね・・・仕方ないよ」と呟く漁師の奥さん。

再処理工場の稼動に向け、熱心に事業拡大に励む地元関連企業の人々。

「結局は、金がものをいう~~、2倍で駄目なら3倍出す、だめなら5倍・・・」と平然とのたまう東大の先生。

暮らしの根っこに核がある人々は、この国家プロジェクトに影響力を発揮できない。

保証金をもらっても放射能廃棄物が止まるわけではない。

その影響を受けるかもしれない世代には、誰がどう責任を持つのだろう?

イギリス・セラフィールド近海の漁師が話していた、頭が二つあるエビや奇形の魚とセラフィールド再処理工場との関連性はわからない。

しかし、「本当に安全なら、なぜ排管を3kmも沖まで持っていくんだ?」という、六ヶ所村の漁師の疑問への答えも無い。

反対運動をしている女性の育てるチューリップが、サイケデリックなほどに色鮮かなのが印象的だった。

この国の未来は原子力に頼るしか、本当に道は無いのでしょうか?

非・"非核国"なの日本? 2/21

・「六ヶ所村ラプソディ」~オフィシャルブログ http://ameblo.jp/rokkasho

・内閣府 原子力委員会HPhttp://aec.jst.go.jp/

・電器事業連合会 「日本の原子力」に、ご意見をお寄せくださいページ http://www.fepc-atomic.jp/goiken/index.html

・坂本龍一さんブログ 六ヶ所再処理工場を止める為に、あなたができる身近な行動http://blog.sitesakamoto.com/index.php?itemid=168

・岩手日報「廃液、影響は・・・」 http://www.iwate-np.co.jp/news/y2006/m03/d01/NippoNews_9.html

~~~~

ピンクフロイドの原子心母を聴く。

原子心母 Music 原子心母

アーティスト:ピンク・フロイド
販売元:東芝EMI
発売日:2000/08/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Banner_04_23

ありがとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (8)

2006年2月26日 (日)

キャメロン・ディアスin ビッグイシュー

渋谷駅南口で久々に、雑誌ビッグイシューを買いました。

http://www.bigissuejapan.com/44thcover_1

今号の表紙はキャメロン・ディアス。

ナチュラル・ビューティーな彼女の素顔が垣間見えるインタビューに、キャメロンの好感度アップでした♪

環境問題に関心の深い彼女、でもワードローブには靴を何百足も持っているという・・・なんだかちょっと面白いセレブの暮らしぶり。

でも流石、仕事には[「いつだって100%」で臨む、メチャ前向きな人のようです。

●特集は「不易の美、伝統工芸を仕事にする」

次号は3月1日発売。インタビューは話題の映画「ブロークバック・マウンテン」、「プルーフ・オブ・マイライフ」のジェイク・ギレンホール。特集は「ひきこもりの未来」

★ビッグイシューはホームレスの仕事をつくり自立を応援する雑誌です。

1991年ロンドンで創刊されたビッグイシュー、私はロンドンで出会いました。

路上で大声で雑誌を売る姿をしばしば見かけ、賭けの雑誌か何かかと思っていたら、ある日ステッキを片手に優しそうな紳士が買っていました。どうも怪しい雑誌ではなさそう・・・それがビッグイシューでした。

日本版は大阪からはじまり、今では東京ほか全国各地の路上でIDカードをつけたホームレスの販売員から買い求めることができます。

1冊200円、うち110円が販売者の収入になり、ホームレスから抜け出す第一歩を踏み出すことができます。

薄い雑誌だけど、内容はいつも濃い~、読み応えありです。

買うときに、販売員にひと声かけてみてください。

皆、がんばっていて、いい笑顔ですよ。

詳しくはこちらのHPからどうぞ。

●ビッグイシュー日本版ホームページ

http://www.bigissuejapan.com/

●VoiceBlog ビッグイシュー応援団 http://www.voiceblog.jp/bigissue_ouen/

★今週のニューズウィークは「下流パニック」5766_2  

―格差先進国アメリカに見る日本の未来像―

明日はわが身かもしれない。

ビッグイシューのようなシステムは、ますます必要になるのか?

Banner_04_23

ポジティブに行こうよ!

キャメロン・ディアス 靴箱風 DVD-BOX (限定生産) DVD キャメロン・ディアス 靴箱風 DVD-BOX (限定生産)

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2006/04/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月21日 (火)

非"非核国"なの?日本

日曜の午後、青山ウィメンズプラザで開催されたグリーンピースのシンポジウムに行ってみました。
テーマは「こんなものいらない!」ストップ再処理!

六ヶ所村の核燃料再処理工場のことです。
ちょっと行くのに「ドッコイショ!」と勇気がいるハードな話題だったのですが、
スピーカーにCafeglobeの青木さんが出るって言うので、ずいぶんと腰が軽くなりました。

この問題については、私はこれまで新聞にかいてあることを時々眼にする以上の知識もなく、
使用済み核燃料を日本で再処理できるようにするために仕方ないのか?安全上の問題は?・・・など、なんとなく疑問を抱いていた程度のこと。

今回実際に、放射科学研究の古川先生(名古屋大名誉教授)や環境エネルギー政策研究所の大林ミカさんなど専門家のご意見も伺え、「これは電気の恩恵を受けている者として知っておくべき、どうにかならないの~?」と感じました。

六ヶ所村の工場は世界で最も高価で最も大きな再処理工場としてまもなくアクティブ試験を開始しようとしています。
六ヶ所村の公式HP
http://www.rokkasho.jp/atomic/index.htm

理論上は、「核のリサイクル」と、良いことのようですが、
どうもそうとは言えないみたい。

技術とコストの問題
まずこの技術、欧米諸国では六ヶ所村の前提となっている高速増殖炉計画からは技術面・経済面の理由により既に断念撤退し、プルサーマル計画に移行しているそう。
この施設の本来の目的であるプルトニウムのリサイクル効果はたったの1.1倍から1.2倍。(日本は既にプルトニウムを43トンも余らせており、使う見込みは立っていないらしい。)
しかも厄介なことにこの再処理過程、大量の放射性廃棄物を放出し再処理後は元の容積より何十倍も増えるという。
そこにかかる費用は核燃料サイクル総額で43兆円。
電力会社にとっても高コストだという。
そのまま使用済み核燃料を直接処理したほうが安全で経済的なら、わざわざ使う見込みのないものの為になぜ再処理するのだろう??

国際的な問題
最近イランのウラン開発問題で国際的な議論になっている中、米国下院では米国原子力規制委員会(NRC)や核拡散防止条約(NPT)関連の議員団やフリードマンMIT教授(物理学ノーベル賞)らより日本に対し、六ヶ所村運転の無期限延長要請の公開書簡も出ている。
IAEAエルバラダイ事務局長は再処理締結案、「核兵器に使用可能な物質(分離プルトニウムと高濃縮ウラン)の処理、再処理に制限を与える時」
国連アナン事務総長も同意見。
国際社会からの「懸念」が相次いでいる。

世界には、「核兵器の不拡散に関する条約(NPT)」の下、なぜか“公式の核兵器国”というのがあるけれど、これでは日本は世界から“非公式な核兵器国”と呼ばれてもおかしくない。更に近隣からの余計な緊張を強めることになってもしかたないかも~~。

地元では・・・
地元では既に原子力関連の雇用も生まれているけれども、この稼動によって第一次産業(青森県農産物売り上げ3千億円)が被る経済的ダメージは逆に大きいと考えられます。
また放射能汚染を恐れて、既に若い世代が出て行く傾向もあるそうです。「子ども達を育てる環境ではない」と・・・
多額の交付金をもらっても、次世代が安心して住めない、万が一の事態になれば、放射能の半減期は2万4千年!

どうにも取り返しがつかないということに・・・ ?
(注:下記ブログとGPサイトで示すフランス調査機関の放射能放出拡散のシュミレーションは結構怖い。

SENZA FINE:原子力ミニコラム「風評被害の補償金」

三すくみ
では、いったい誰に得があるのでしょうか?
どうやら、六ヶ所村の計画は、日本がお得意とする「もう後戻りできないから・・・」というどうしようもない状況の下「止められない」でいるに過ぎないようなのです。
ぶら下がりの構造とか、そういうことでしょう。
そうでないとしたら、その先にもっと別の意図がかくされているのでしょうか??


沖縄基地にしても、この村にしても、人の少ない自然の豊富なところに問題を追いやっている現状。
これで、私達の暮らしに本当に「恩恵」といえるものがあるなら、他に方法がないというなら、まだしもなのですが・・・

動き出したら止まらない「怪物?」のために、自然エネルギー開発もままならないなーんてことにはならないですよね?

できることなら今からでも、その村にとっても日本にとっても
より有益な雇用を生み出すような産業に転換できないのでしょうか?

以上、付け焼刃の知識ですので、間違っていることもあるかと思いますが、この問題、皆さんは、どうお考えですか?

詳細はここで↓
http://www.greenpeace.or.jp/campaign/nuclear/stoprecycle/notes_html


六ヶ所村について、より知ってみたい方は、
3月3日(金)4日(土)四谷区民ホールで
初公開上映会が開催される
映画「六ヶ所村ラプソディー」鎌仲ひとみ監督作品
もお薦めのようです。
http://ameblo.jp/rokkasho/theme-10001307706.html

昨年末よりグリーンピースの事務局長に就任した作家の星川淳さん
http://www.greenpeace.or.jp/info/staff/

小さな国の大いなる知恵 Book 小さな国の大いなる知恵

著者:ポーラ アンダーウッド,星川 淳
販売元:翔泳社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Banner_04_23

もっとシンプルで安全がいいな!

| | コメント (6) | トラックバック (8)

2006年2月 8日 (水)

チェブラーシカ in トリーノ

いよいよ10日(日本時間11日土曜日)から開幕のトリノ・オリンピック。

日本選手の活躍が楽しみです。

開幕式(NHK総合午前3:55~)も興味深い。

さて、そこでなのですが

外国選手のコスチュームにちょっと気になるものがありました。

ロシア選手団のマスコット

日本でも大人気のキャラクター「チェブラーシカ」なんですね♪

42083497_1

冬バージョンなんでしょうか?

まっしろなチェブラーシカ

 とーっても可愛い!!

「ウワーーイ!!」

自然を大切にし、誰にでも優しい、

頑張り屋さんのチェブちゃん

ロシアのアスリートにとってもアイドルなのでしょう。

フィギュアの女王スルツカヤもお気に入りのようです。

難病を隠してここまで頑張ってきた彼女、チェブちゃんに応援されて癒されるといいですね。

もちろん、荒川さん安藤さん達には頑張ってほしいけど・・・

闘病隠し、フィギュア女王に君臨 イリーナ・スルツカヤasahi.com 02月01日

●ロシアのスポーツブランドBoscoのページでは、いろんな競技をするチェブラーシカの姿があります。http://www.bosco.ru/about/olimp/ku/

チェブラーシカ  日本での上映は1月に終わってしまったようですが

まだご存知でない方はDVDで見ることができます。

大人にも子どもにもオススメの素敵な作品ですよ。

チェブラーシカ DVD チェブラーシカ

販売元:ビデオメーカー
発売日:2002/03/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

C8

大好きな友達ワニのゲーナとチェブラーシカ

ロシアの児童文学作家エドワード・ウスペンスキーの原作をロマン・カチャーノフ監督が映画化した人形アニメーション。

かわいい容姿の架空の動物チェブラーシカが繰り広げるほのぼのした日常を描いた、3話構成のハートフルストーリー。

Banner_04_23

Click me ! スパシーバ!グラッチェ!

ロマン・カチャーノフ監督作品

ミトン DVD ミトン

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2004/07/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Ultra Detail Figure プロップタイプ ミトン ・ モヘアVer. Toy Ultra Detail Figure プロップタイプ ミトン ・ モヘアVer.

販売元:メディコム・トイ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2006年1月21日 (土)

Newsweek日本版

今日、地下鉄で隣りに座った男の子が読んでた「Newsweek」。

ホテル・ルワンダ」と「イノセント・ボイス」に関する記事が載っていたので

駅の売店で買うことにした。

たくさん雑誌が差し込んである中から、引っ張り出してみると

“ゲイ in Japan”と大きな文字が・・・

「ちょっと、買いづらいよ~」と思いながらも

既に手にしてしまっていたので、買うことにした。

表紙の女性、見たことあるような・・・

2317705

あれ、もしかして、

最近「ジャマイカ~」の記事にトラックバックしてくれた・・・?

その人だった。

勇気のある人だと思う。

私は先日、トランスセクシャルした元同級生にあったばかりだったから

今は彼女になった彼が、長年悩み続けていた事を理解できたから

こういう凄くナイーブな問題をオープンにしていくこと、

誤解や偏見をなくしていくことは、大切だと感じた。

それでもいろんな人がいるから、何から何まで

諸手をあげて賛成!というところまでは行かないが

多様性をお互いに認め合うこと、これは大事・・・

Banner_04_9

共感してくれた人はClick me !

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年1月19日 (木)

もしもキアヌ・リーブスが豚だったら?

表題、キアヌのファンの皆様ゴメンナサイ。

CafeGlobe青木さんの編集後記に面白いサイトが紹介されていたので、オススメします。

キアヌが豚だったら、「The Matrix」ならぬ

「Meatrix」!!

http://www.themeatrix.com/

英語わかんなくても面白いですよ。

私がファンのCafeglobe青木さんのコラム 
青木陽子のロンドン-東京行ったりきたり編集後記
http://blog.cafeglobe.com/fromeditor/

Banner_04_23

面白かったらよろしくね♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

カンボジアの5つ星ホテル

Siepaia_1 カンボジア、アンコールワットに近いSiem Reapに去年の夏オープンしたSiepaic

Hôtel de la Paix

Siem Reap

http://www.hoteldelapaixangkor.com/

友人がスタッフとして赴任したというので、HPを覗いてみて

びっくりした!

こんなモダンなデザインのラグジュアリー・ホテルが

カンボジアに!?

アンコール・ワットは一度訪れてみたいと思っていたのだが

この素晴らしいホテルに泊まれたら、それは素敵ですよ。

1975-1979、ポルポト政権によって国民の21%の約170万人が虐殺されるという痛ましい過去を持つこの地に

一見不釣合いとも取れる5つ星ホテル

その名は、奇しくも 「平和」。

HPを良く見ると、このホテル、

現地NGOなどへの直接的な支援を宿泊客にさりげなく伝えている。

かけがえの無い文化遺産の保存と継承、そして

辛い歴史を乗り越え復興する人々の日々の暮らし

ここを訪れる世界の富裕層の内、何割の人がそのメッセージに気付いてくれるだろう。

それにしても、

ルワンダにしても、カンボジアにしても、ついこの間のことなのですよね。

昨日、DVD発売になったばかりの「ヒトラー~最後の12日間」を見た。

日本フォスター・プラン協会

世界遺産 カンボジア編 DVD 世界遺産 カンボジア編

販売元:アニプレックス
発売日:2002/11/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ヒトラー ~最期の12日間~ スペシャル・エディション DVD ヒトラー ~最期の12日間~ スペシャル・エディション

販売元:日活
発売日:2006/01/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Banner_04_13 平和が一番!Click me

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年1月 8日 (日)

ジャマイカと企業の関係

昨日に引き続き、映画の話です。

現在上映中の『ザ・コーポレーション』

DVD/ビデオレンタル中の『ジャマイカ 楽園の真実』

どちらもUPLINKの配給映画。

「ザ・コーポレーション』はブロガー割引あり。

チョムスキーやマイケル・ムーア、今は亡きP・ドラッガー

バンダナ・シヴァ・・・知識人や著名人から活動家まで

総勢40名の豪華キャストのコメントでつづる

ドキュメンタリー作品。

資本主義社会の闇を徹底的に分析する。

企業を一人の人格として精神分析すると=サイコパス

厳しい~!痛い!・・・が、これが現実だろう。

登場人物の中、インターフェイスという会社のCEO

(ちょっと環境カルトの教祖という感じだった(笑)) が

唯一、「人が更生するなら、企業だって・・・」という希望を

感じさせてくれた。

個人の集合体であるはずの企業、そして国家

ここに良心や倫理を当てはめることはできないものか?

CSR=Corporate Social Responsibility

Citizen Social Responsibility, or Consumer Social Responsibility

この映画を見た帰りに、スーパーに寄った。

多種多様な商品、棚の前で思わずタメ息。

企業のCSR、公正な貿易、国際政治に

消費者・一般市民はどこまでコミットできるのか…?

『ジャマイカ 楽園の真実』とあわせて見たら

更に具体的な事象について考える事ができた。

ジャマイカというひとつの島だけで、これだけの事例を並べら

れるとは、もう“驚嘆”というしかない。

美しいリゾート地を訪れる旅行者を見る現地の視線。

ボブ・マーレイのレゲイが優しい「うらみ節」に聴こえる。

暴動は軍隊に抑え込まれる。

もし、これがジャマイカでなけれは、鬱積した不満は

どこへ行くのだろう?

ザ・コーポレーション Book ザ・コーポレーション

著者:ジョエル・ベイカン
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ジャマイカ楽園の真実 LIFE&DEBT DVDジャマイカ楽園の真実 LIFE&DEBT

販売元:ビデオメーカー
発売日:2005/12/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Banner_04_18

Click me !

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2006年1月 7日 (土)

「ホテル・ルワンダ」1月14日より日本公開!

「ホテル・ルワンダ」試写会@有楽町マリオン朝日ホール行ってきました。

イヤァーー、正直ショックでした~!
何が?って、こんな素晴らしい映画が日本で公開されなかったかも知れないってこと。
そして何より、この映画公開を切望し
配給会社にかけ合って日本公開を実現させた署名活動が
Mixiでの草の根活動から始まっていたこと!

こんな良い話、知らなかったなんて、
ショック~!!

悔しいけど、乗り遅れた。
しかし、遅まきながら応援します!この活動。
http://rwanda.hp.infoseek.co.jp/

こんなすごい映画、見せてくれて
ありがとう!!!

教えてくれたAさん、ありがとう!http://suslab.seesaa.net/article/11117419.html

試写会の後のシンポジウムでは、主役のモデルとなった「ルワンダのシンドラー」

ポール・ルセサバキナ氏本人の体験談や日本へのメッセージを間近(前から2列目)で聴くことが出来ました。
フィクション映画でない実在のヒーローは、恰幅の良い、にこやかなルワンダ人ホテルマン。
そのメッセージはとても力強かった。

この映画は世界の人に向けての「ウェイクアップ・コール」だ。
“二度と再び”起こしてはいけないジェノサイドは、今も世界のどこかで起こりつつある。 

誰も助けに来てくれない地獄に取り残される人々
100万人もが虐殺された地獄から、家族ばかりか1200名もの隣人を伴って生還したポールさんの知恵と勇気は素晴らしい。

ポールさんは明るい笑顔で語った。
「昨年は、一年で100回も講演しました。
これは希望です。
思いさえあれば、道は開ける!」
「ルワンダのことを多くの人に知ってほしい。この映画のメッセージを伝えるために、皆さんがメッセンジャーになってください。」 (はいはい)


9月NYで開催されたUNサミットで国連加盟国は
ようやくこれらジェノサイドを国際問題として正式に認め取り組みはじめたばかりだ。

これまで世界のリーダーが「助ける価値がない」と判断した地獄
ここから人々の命を救う事ができるとしたら、

現時点ではやはり国連と現地のNGOを支援する国際NGO。

それを支えられるのは先進国の市民なのでは?

これまでの経緯など活動の苦労が伺えるブログもあります。
http://rwanda.exblog.jp/

~~以下「『ホテル・ルワンダ』日本公開を求める会」HPより~~

1994年にルワンダで起こった大量虐殺事件を背景としたこの作品は、ドン・チードル、ソフィー・オコネドー、ニック・ノルティ、ジャン・レノといった名優を大胆に配し、トロント映画祭では観客賞を受賞、昨年度のアカデミー賞では主要3部門にノミネートを果たすなど、各方面で並々ならぬ注目を集めています。

 暴徒化したフツ族の手により80万人のツチ族が次々に虐殺されていく絶望的状況の中で、ドン・チードル扮するホテル支配人は自らの勤務地へ成り行きで多くのツチ族を匿うことを余儀なくされます。当時、国際社会が陥っていた深刻な無関心の連鎖がこの国での被害を拡大させたのとは対照的に、ルワンダに暮らすごく小さな存在でしかなかったはずの彼の行動は、やがて1200人ものツチ族の命を救うことになります。

 しかし、このルワンダ版『シンドラーのリスト』とも言うべき渾身の一作が、残念なことにここ日本では国内配給会社によつ買い手がつかず、‘お蔵入り’の状況をやむなくされていました。

Banner_04_19映画好きの人Click me !

| | コメント (6) | トラックバック (4)